Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弦間
前まで気になってなかったのですが、新しいベースになって、段々と"広い"と感じるようになって来ました。弦間が。使いはじめは、ちょっとした違和感だったのですが、弾けば弾くほど、遠い… と。
左手は、4弦14フレット以降に届かない。右手は、指弾きで弦を弾いた後に、隣の弦に指が辿り着くまでが遠い。

左手は、運指を考えなきゃだし、右手は早いフレーズが弾きにくい…。

今使ってるサドウスキーが、弦間が20mmなんですが、今まで使ってたベースが19mm。弾きにくいと、感じるまで、この差なんて気にしたことなんてなかったのですが、だいぶ違います(^^;;

サドウスキーも、2002年頃までは、ゴトー製の19mmのブリッジを使ってたらしいのてすが、それ以降からはhipshot製の20mmを、採用してるそうです。ロジャーが、19mmだと、ピックアップのホールピースの真上を通らない事を嫌がっていて、20mmに変更したようです。
オカダインターナショナルに、相談した時に、そう言ってました。


さて、弦間が広いので狭くしたいので、ブリッジの交換を考えているのですが、いろいろと障害が…

サドウスキーでもタルモデルで採用していた、
Hipshot Style A に交換しようかと思ってたのですが、ブリッジの取り付けネジのネジ穴を埋めてあけなおす必要があり、さらにネックの仕込み角度の調整が必要だとか…。

ブリッジの穴はまだしも、ネックの仕込みまで、変えられたら、二度と戻れない…
好みじゃなかった時に、全てを失うことに。
さらに、Style A は、音が温かみがある方に変化するとのこと。ちょうど、バダスと反対な感じだそうです。
これ自体も好みではない。。。


どうしたものかと、オカダインターナショナルに相談したところ、試作的に作成した、Hipshotの19mmのブリッジがあるそうで、これを使えば、基本ブリッジの取り替えだけで、音の変化もほぼなしでいけるとのこと! すばらしい!!!

さっそく、これでお願いしようと思います。
いろいろ相談してみるものですね。

だだ、海外製のブリッジのため、穴の寸法が同じはずなのですが、個体差があるとのこ(^^;;
もし、穴の位置がずれてたら、ネジ穴はあけ直しですね。













スポンサーサイト

Atelier Z M-345
今月のベースマガジンにも載っていた、Atelier Z のM-345を、さっそく試奏してきました。

第一印象は、あの70年代のFenderに使われている、コントロールノブが見にくい・・・ (笑)
慣れだと思いますが、どれくらいを指しているのか、全然わからない^^;


えっと・・・

音ですが、やっぱりいいですね。M-245に比べて、全体の周波数が低い方にちょっとシフトしたような感じ。ドンシャリの、ドンの方が気持よく出てきます。芯があって決して埋もれない音ですね。

私が以前、70年代のヴィンテージを試奏しまくって、この個体はすごい!と、店員さんと意気投合したベースと、似た印象を持ちました。
個体差はあると思いますが、めっちゃ重かったので、その辺も影響があるのかも知れませんね。


プリアンプのブーストの幅がデカイので、ちょっと回すだけでだいぶ音量が変わりますね。


個人的にすごくうれしいのは、裏のザクりが少ないこと!
単なるイメージなのですが、ザグりが大きいと、なんだか音も空洞ができるような気がして・・・。
実際に、私がわかるような範囲での音の影響はないと思いますし、エレキ楽器なので、木材の部分がなくても音はしっかりと出るのですが、なんとなくです。。。
新しいEQ/Jというプリアンプが、バルトリーニよりも小さいのでしょうね。



でも、なんでボディは3ピースなのでしょうか?
Z-PLUSの時は低価格ということで、そうだったのでしょうが、今回はなぜ?
良質の木材が手に入りにくくでもなったのでしょうか。。。




HPリニューアル
久しぶりに覗いてみると、Atelier Z のHPがリニューアルされてる!
かっこよくなってる!

http://www.atelierz.co.jp/product/index.html

写真とかデカくなって、しかも綺麗になってる。
各ページへのリンクもスムーズで、アーティストも写真付き。
情報量も多くなった気がする。特に、各モデルのコンセプトみたいのが書いてあって、プレイヤーには、どんなベースなのかわかりやすくて、とってよいですね。

なんだかイメージが良くなりましたよ。なんだろう、高級感が出たっていうか(笑)
HPは、こういう工房だと、工房の顔みたいになってると思うので、このリニューアルで、評判もさらに上がるのでは!?


ただ、basicはどこに行ったの???
リペアは、もうやらないの???
ページがなくなってる・・・・




ATSUSHI Presents SOUND COLOSSEUM Round.2
久しぶりにライブを観に行きました。ATSUSHI Presents SOUND COLOSSEUM Round.2。

Round1.を観たわけでもなく、内容もわからないけど、面子をみて面白そうかも!と思い、観に行きました。

会場がジャズバーのような、クラブのようなところで、座って演奏を観ました。特別にステージがあるわけではなく、フロアの一部をステージの区域にしてるといった感じで、ライブ向けの会場ではないような気がしました。。。

そのせいか、控え室とか出演者の出入り口が、うまく作られてないようで、会場と控え室の仕切りがカーテン一枚だったり、会場内で出演者がウロウロしてたりと。。。おかげで、お目当てのあの人すれ違ったり、出演者の楽器運搬中にそれにぶつけられたり


さて、最初は、JAM。

やっぱりいいですねぇ。今回は、めずらしく秋田ゴールドマンのソロが2回もありました。

今回座った席から、たまたまみどりんの手元がばっちり見えたんですよ。ちょうど横の斜め上から見下ろす感じで。いや~、すごかったですよ。手が早い早い!残像たっぷり(笑)

一番すごいと思ったのは、音量の調節。普通にピアノの後ろで叩いてる時の叩き方が、めちゃくちゃ軽く叩いてるんですよ。でも、音量は、ちょうどよく聴こえるんです。で、いざって時にすごい音量、勢いで叩き倒す。その音量差もあるから抑揚もしっかりと出る。
叩いてる途中で、片手で、タムとかスネアの表面を触って、音量、音色を調整してたりもしましたしね。

私はピッキングがだいぶ強いので、抑揚がつかないのは、これの要因のひとつですね
触れるように弾いても、普通に音が出るように弾けるようになりたいものです。


お次は、ATSUSHI Presents。

こちらは、ちょっと私が期待していたものとは・・・違ってましたね^^;
いくらなんでも、内容を確認しなさすぎましたね。。。

演奏のライブを期待してましたが、どっちかというと演劇的な要素が大きかったと思います。ダンスについては造詣が深くないため、表現したいこともうまく読み取れませんでした。。。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。