Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Hartke BASS ATTACK
Hartke(ハートキー)の BASS ATTACK(ベースアタック)です。

概要は、ホームページを参照ください。↓
http://www.zoom.co.jp/japanese/hartke/product/attack/bassattack_index.html


ハートキーのアンプが好きで、その音をどこに行っても出せれば・・・と思っていた時に、買ったアウトボードプリアンプです。

ハートキーのヘッド+キャビの音が出るかと言うと・・・ さすがにそれはなかったですね^^; やっぱりあのアルミコーンのキャビも特徴なのかな。でも、クリアな感じは出ると思います。

スイッチが2つあり、両方OFFだと、Bass、Treble、BriteのEQのみが有効になりますが、このEQは効きが強くありません。特にBriteは、大きなアンプでよ~く聴かないと、効いてることに気付かないくらい。。。ほんとに、補正程度のEQですね。

HarmonicsのスイッチをONにすると、HarmonicsとMIXのパラメータが有効になりますが、これはいわゆる歪みですね。Harmonicsがどれくらい歪ませるかで、MIXがそれを原音にどれくらい混ぜるかというものです。歪みの傾向としては、チューブ系ではなく、ブライトなジャリっとした歪みが得られます。

この歪みも・・・効きがあまり強くないかも^^;指弾きの人には、効果がほとんど感じられないかもしれません。ピック弾きの場合は、ギターで言うクランチのような感じでかかります。個人的には、ピック弾きの時に、ナチュラルに歪みが欲しい時に使いますね。基本の音が軽く歪んでるくらいがいい時には、とても有効でしたね。歪みを前に出したい場合は別のエフェクターを使いました。

もう1つのスイッチはShape(シェイプ)のスイッチですが、これがこのエフェクターのすばらしいところですね。むしろ、この機能だけのエフェクターが欲しいくらい(笑)

Shapeはいわゆるノッチフィルター(ある帯域をカットする)のようで、設定が90Hz~1KHzまでになっています。(見やすいように、ノブは外しました。)

bassattack-02.jpg


フィルターのカーブ具合が実際にどんな風になっているのかはわからないのですが、個人的には、指定した周波数をカットするというよりも、それよりも少し低い周波数、または、少し高い周波数をブーストしている感じがします。320Hzをこえると、それよりも低い周波数が、320Hzより手前だと、それよりも高い周波数がブーストされる感じです。

これにより、11時位にセットして、ちょっとミッドを強調させて抜けを良くしたり、1時2時くらいにセットして、太さを出したりと、幅広く設定できます。
11時~2時くらいの設定が・・・ ベースとしての存在感と、主張と、気持ち良さを存分に発揮してくれます。本当に、ここだけでもこのエフェクターの価値があります。

あっ。ただ、115Hz以下には設定しないでください。あまり出来の良くないベースのリアッピックアップで弾いたような、ペラッペラな音になってしまいますから(笑)


私は、アクティブのベースを使っているというのもありますが、EQは全くフラットにして、使うベースやバンド、場所に応じて、Shapeのみで音作りをしています。たまにHarmonicsを必要に応じて使いますけど。

他のプリアンプとして、SansAmpなどで音作りをしたりもしますが、なんだかんだ言って、いつもライブの時にはこいつが足元にいますね。デカくて重くてエフェクターケースに入れたくないんですけど、何故かいつもいるんですよ(笑) (本当に、Shapeのみのエフェクターって出ないかなぁ・・・・)


このエフェクターの最大の欠点は、ノブがどこを指してるか全くわからないことです(笑)ライブした時なんかは本当に見えません。なので、私は、Shapeとボリュームだけは、ノブを変えちゃいました。

bassattack-01.jpg

これは、さすがにひどすぎたのか、現行の機種では、ちゃんと見やすいノブに代わってるみたいです。



スポンサーサイト

WEED
WEED,WEED,WEED・・・

私の悩みの元です。

恵比寿のHarry's工房というところで、BOSS等の市販エフェクターをモディファイして販売してメーカーのようです。

単に興味本位だったのです。とあるエフェクターを弾いたのは。。。


ありますよね? 

  あっ・・・これ・・・ やばい・・ 出会っちゃった・・・

みたいなの(笑)


しかも厄介なのが、ギター用に欲しいな、と思ってしまったことです。とりあえず、陽の目を見ることのないエフェクターになってしまうでしょう物に、投資をするか。

もちろん、録音用には使います。
ただ、それだと所有欲を満たすだけのようで・・・


さて、決断は如何に!?



エフェクターボード
2つくらい前のエントリーで書いた通り、次回のライブ見据えてエフェクターボード作ってみました!

effectorboard.jpg


ボードを作るにあたり、パワーサプライ、A/Bボックス、パッチケーブルとけっこう投資しました。

よく雑誌などでみますが、有名人のエフェクターボード紹介。
今月のベースマガジン(2009年1月号)では特集しており、かなり参考になりましたが、それと同じように、私の足元も紹介を(笑)

右上から時計回りに、◎Korg DT-7(チューナー)◎CUSTOM AUDIO JAPAN AC/DC STATION ver2 (パワーサプライ)◎Cranetortoise A/B box SEL-2(A/Bボックス)◎SansAmp Bass Drive DI(アンプシミュレーター)◎EBS UniChorus(コーラス)◎Roger Mayer VooDoo-Bass(オーバードライブ)◎BBE SONIC STOMP SONIC MAXIMIZER(エンハンサー)◎Hartke BASS ATTACK(プリアンプ)


音作りは、①クリーン ②歪み ③疑似ウッドベース の3つが使えるようにしました。

①ベース本体⇒SEL-2⇒SansAmp(OFF)⇒BASS ATTACK⇒SONIC STOMP⇒アンプ
②ベース本体⇒SEL-2⇒SansAmp(ON)⇒BASS ATTACK⇒SONIC STOMP⇒アンプ
③ベース本体⇒SEL-2⇒UniChorus(OFF)⇒VooDoo-Bass⇒BASS ATTACK⇒SONIC STOMP⇒アンプ

基本的な音作りはBASS ATTACKで作成してます。ライブのラインを想定して、スタジオでは、アンプのプリアンプは使ってません(アンプ裏のReturnに接続しています)。
SansAmpは歪みとして使用してます。
A/Bボックスは、①②⇔③の切り替え用です。
VooDoo-Bassは、オーバードライブとしてではなく、Driveを0、Fatnessをフルにして、音の角を取るような形で疑似ウッドベースとしてます。その時は一緒に、ベース本体の弦の下にスポンジも挟んでます。これでだいぶ雰囲気が出ます。UniChorusは、疑似アルコ用です。必要なタイミングで踏みます。


これで、エフェクターボードのサイズ 56cm×34cm にピッタリです。
作ってみてから思いましたが、持ち運ぶには結構デカイですし、思いです^^;





Bassballs nano
レッチリのコピーをやっているとワウが欲しくなる!
ペダルワウだと難しいので、とりあえずオートワウから^^;

ということで、どこかの雑誌でフリーが使っていたという、Bassballsのnanoシリーズ版 Bassballs nano を試奏しました。

nanobb.jpg


つまみは、ディストーションのON/OFFスイッチと、ワウの効き具合を変える RESPONSE の二つで操作は簡単です。

私は、RESPONSEを切った時に、ディストーションをONにした場合はディストーションだけかかるのかと思ってましたが、違いました。。。あくまで、ワウのフィルター効果に対してディストーションをかけるかどうか、という使い方でした。
ワウとディストーションを別々に使えるかと思ってましたが、違ってたみたいです。

ディストーションがOFFの時は、あまりワウがかかった感じは強くでませんね。ベースの音がそのままウネるようなワウです。アンサンブルに入れると、深みが増すというか、地味に効いてくるといった感じですね。この場合、RESPONSEを変えても、音量は変化しません。

逆にディストーションをONにすると、主張の強いソロ向きのワウになりますね。ディストーションだからと言って、バリバリと歪むわけではなく、ハイが強くなって、エグさが強くなるという感じです。こちらは、RESPONSEを上げると、音量も上がりました。

ディストーションのスイッチで使い分けが出来てよいかもしれませんね。


ワウを使ったことが全くなく、初めて弾いたので、まぁ、こんなものか、という印象でした。思ってたよりは、エグくなかったですね。たぶん、きれいすぎるのかもしれません。

で、店員さんとそういう話をしていると、どうも、nanoシリーズになって音が悪くなったとのこと。特にノイズとか音やせは感じられなかったので、音が悪いかどうかは、主観によるところがあるかと思いますが、明らかにnanoシリーズ以前のシリーズと比べてそのキャラクターが変わってしまったのでしょう。加えて、以前シリーズは評判がよかったようですね。

そういうことであれば、以前のものを弾いてみたくなってしまいますよね。

でも、すでに生産終了になってしまったとのこと。。。中古を探してみるしかないですね。


ちなみに、Bassballsに限らず、nanoシリーズのものは大体同じ印象を受けるということでした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。