Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Schaller(シャーラー)のDチューナーペグ
ヤフオクで落札しちゃいました。

hipshot-schaller.jpg

SchallerのBMFLタイプ Dチューナー(Dドロップ?)のペグです。
Hip ShotのDチューナーがとても有名ですが、たまに、極たまに、SchallerのDチューナーを見かけてまして、とても気になってました。

買った理由は・・・ 見た目! だけです(笑)
機能は、全く同じなので。。。

今持ってるベースは、SchallerのBMFLのペグがついているのところに、4弦のペグだけHipShotのDチューナーを付けています。これが、SchallerのDチューナーになったら、なんか良くないですか!?4つのペグがSchallerに。。


このペグが欲しくて、ネットを調べてみましたが、Hip Shot以外のDチューナーは、私調べた範囲では、販売されていないようです。
このような、別メーカーのDチューナーはどう製造せされてるのでしょうか?OEM?
SadowskyのペグにもDチューナーのペグがありますが・・・ いったいどうなっているのだろうか・・・。


さて、音は・・? どうでしょうね^^;
付ける時に、一緒に弦も変えるつもりなので、気づかないかも。。。





スポンサーサイト

Roto Sound(ロトサウンド)がお得!!
Roto Sound ユーザーに朗報です。

なんと、Roto Soundの弦が、安くなってます!
普段3000円くらいする弦が、1800円とかで売ってますよ!

Roto Soundっていままで、ライオンのパッケージがあまりにも有名だったと思いますが、最近そのパッケージが変わりましたよね。
私も弦を探していて、ない!?とちょっとあわてました。


こっちが以前までの有名なパッケージ。
rotosound-old.jpg

そして、最近新しくなったパッケージ。
rotosound-new.jpg


色も似てる感じがするし、66ってでかく書いてるけど、ライオンはどこ?
中途半端にパッケージが変わったので、Roto Soundのロゴを見つけても、これ、ぱちもんでは?と、疑ったくらいです(笑)


さて、何で値段が安くなったかと言うと・・・・ このパッケージが変わったおかげで、全然売れなくなってしまったんだそうです。なんとも・・・イメージとはおそろしい。

売れなくてはメーカー(代理店かな?)も困るので、メーカー側が、販促のために値段を下げたというわけです。なので、どこか特定に店舗だけではなく、どこに行っても安くなるようですよ。


まだ、Roto Soundを使ったことのない人でも、試してみるいい機会だと思います。



StingRay
ギタリストの友人が、StingRay(スティングレイ)が欲しい!と言いだしたので、ちょっと調べてるうちに、StingRay熱が高まってきてしまいました。(笑)ということで、試奏してきちゃいました。

今までほとんど気にしたことなかったですし、かなーり前に試奏して、ジャズべ好きの私にはあの太いネックが全くもってしっくりこなく、音も奇麗な鋭い音ま全くなく、それ以来縁がなかったStingRayですが、時が経つと感覚も変わるものですね。

試奏したのは、StingRayではなく、SABRE BASS(セイバーベース)ですが、(まぁ、だいたい同ですよね。。。)あのしっくりこなかったネックは、意外にも気にならず、ハムの音も昔ほど嫌な気はしないんですよ。

確かに、ベース単体で弾くと、ハム独特の高音を押しつぶしたような音が好きではないのですが、対バンなどでStingRayを持ってる方などの演奏を聴くと、アンサンブルの中では、いい塩梅の主張になって何故かかっこいいな、と感じてたりもしたんですよ。

これはこれで、こういう形もありなんだな、と、やっとStingRayの良さを理解できたような気がしました。今さらですが^^;


SABRE BASSを弾いて思ったのですが、あのStingRayの音って、ピックアップの位置がすごく影響してるんですね。SABRE BASS は、ハムが2つ付いてのですが、リアピックアップだけにすると、StingRayの音がします。ハムの高音がつぶされた音に、ブリッジ近くにピックアップと配置することで、あのパワフルでバキバキとした音が作られてたのですね。いい勉強になりました。

ちなみにフロントのハムも使うと、かなりもっさりします。。。
う~ん・・・ 残念ながら、個人的には使いどころが見つからない^^;


こちらの良さも、時が経てば、またわかって来るのかもしれないですね(笑)



Tokyo Guitar Show 2008
Tokyo Guitar Show 2008 に行ってきました。

guitarshow2008-1.jpg


参加したいイベントが盛りだくさんで、何だか忙しい一日でしたね^^;


Guitar Show ということで、ベースも”Bass Guitar”だから、それなりにあるだろうと思って行ったのですが、残念ながら申し訳程度しか置いていませんでした。。。

会場は、楽器展示、大イベントルーム、小イベント用スペース、Bossのエフェクタールームとありました。

楽器展示は、各販売店がブースを並べている状態でした。楽器をいっぱい試奏できるだろう!と思っていたのですが、実際はそうでなかったですね。
アンプを持って来ていないブースもありましたし、あっても小さめなアンプや、あまり見たことのないアンプばかり。
なかなか、楽器を選ぶ環境でななかったですね。ホールもでかいので、いつもの感じとは全然違いますし。

ただ、並んでるギターの種類はさすが。本当に”展示会”でしたよ(笑)
Fenderのイベントなので8割がFenderですが、Custom Shopのビルド品が大量に展示してあり、なかなかこれだけのものをいっぺんに目にする機会はないですね。
楽器店は、行くだけで楽しい!と言う人には、とってもいいイベントですよ。


充実していたのは、Bossのエフェクターコーナーでした。
エフェクターとギターがすでにセットされたものがかなりの数陳列されていて、誰でも自由に好きなだけ試奏出来ます。店員さんに関わらず試奏出来て、気兼ねがいりません^^
ギタリストの方でエフェクターってどいうもの?と思っている人は、行ってみたらよかったかもしれません。


イベントは以下のものに参加して来ました。

・フェンダーカスタムショップ・マスタービルダー グレッグ・フェスラー氏によるギター製作実演開催!

えっと、諸事情により残念がらこのイベントに遅刻してしまいました^^;
行った時には、すでに質疑応答の時間に・・・。
”ギター制作”ということでしたが、作業台の状態から推測すると「電気系統をいじって、組み立てた」という作業が行われたのではないでしょうか。

残念ながら作業自体は見れませんでしたが、質疑応答だけでもためになる話が聴けました。なんだかんだ言って、ギターは木材だそうです。

会話を聞いて、Custom Shopに親近感が湧きました。普通のおっちゃんが作ってるんだ、って^^



・日野 JINO 賢二氏 & 矢掘孝一氏のセッション

お二人の超絶テクニックを堪能しました。
おそらく、あまり一緒にやられたことがないのか、ちょっと締まらない部分もあったりしましたが^^;

JINO氏が、「Bass Gutar Showもやって欲しいな」と言っていましたが、めっちゃ同感です!(笑)
先にも書きましたが、Bassがあまりにも少ない。。。

また、Fenderのイベントということもあり、JINO氏がFenderのベースを弾くというめずらしい場面もありました。

guitarshow2008-2.jpg

(ヘッドが見えないですが、Fenderです^^;)



・チャップマン・スティックのデモンストレーション

友人から音源だけ聴かせてもらい、えっ!?ベースとメロディが一緒になってるけど何これ???
と、いうことがあり気になっていた楽器のデモがあるということで参加しました。

チャップマン・スティック” ギターとベースを組み合わせたような楽器です。

ピアノのようにメロディとベースを一緒に弾いたり、和音を弾けたりして、それを一人で弾ける楽器になってます。ずっとタッピングして弾いてます。

演奏者の方が、「詳しくは stick.com にアクセスしてください」と言っていたのですが、そんなドメイン取れるのか!?と思ったのですが、本当にありました^^;
とっくに使われててよさそうなドメインなのに。。。ビックリです(笑)
いくらで買ったんだろう・・・(悪)


・ドライバー1本でここまで音が変わる!ボルトオンギター、セッティングの極意!(FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH代表 深野 真氏)

深野氏は・・・めっちゃ緊張していました^^

セットネックのジョイント部分や、ピックガード(特にストラトなどのピックアップが付いている物だと効果が大)のネジの締め具合を変えると音色が少し変わる、という内容でした。
これを、実際に音を出して、実演してくれました。

強く締めると音が硬めになり、緩めると軟らかく艶が出るとのこと。
好みにもよると思いますが、多くの楽器のあるアンサンブルの中だと強めに締めた方が埋もれずに、3ピースのようなギターがすでにメインである時は緩めにした方が、その艶が出て良いでしょうと言っていました。

違いは・・・高音弦が少しかわったかな・・・というくらいしかわかりませんでした^^;
個人的には、緩めると少しトーンを絞った感じかと。
でも、スタジオなので大きな音を出すとその効果はよくわかるとのことでした

こんなところにも、職人のこだわりがあるんですね。感心させられます。





以上、たくさんの内容があり、書くのも大変でした^^;
それだけボリュームあるイベントでした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。