Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弦の遍歴
そう言えば、最初は何の弦をを使っていたか覚えていないですね。(笑)
もちろん、弦が違うことで音が違うなんてことは、全然わかってなかったですしね。

ベース少しやりこんだ頃に、弦に興味が出て来た頃、ちょっと調べて「ロトサウンドがいい」という記載をうのみにして、そのままロトサウンド(ステンレス)を購入しました。
当時は、ピック弾きでしたが、ギラギラしていて硬い音が気に入って、それからはロトサウンドを使うようになりました。

一度アーニーボールのニッケルを使いましたが、鈍い音が気に入らず、すぐに元に戻しましたね。

最初はピック弾きだった私ですが、そのうちスラップに憧れ、スラップと指弾きも少しずつやり始めた頃、ロトサウンドでは、指に引っかかって弾きづらい。。。
潤滑材使いまくって指弾きをしてました。

ということで、新たに弦を探してみると、弦がコーティングされているエリクサーを発見!
これを使ったところ、つるつるして弾きやすいではないですか!しかも、寿命が長い。ちょっと高いですが、この頃は何故かお金に余裕があったみたいで値段は気になりませんでしたね。今は、弦に5千円は出せないです。。。(涙)

スラップも少し形になってきた頃、何故あのパキパキしたスラップサウンドが自分のベースから出てこないのか!?と悩んでいた頃 、Atelier Z のベースを購入しました。そこに貼られていた弦が Atelier Z のステンレスの弦です。もちろん、あのスラップサウンドは健在!
以前から持っていたベースにも、Atelier Z の弦を張ってみたところ、ちゃんと出るじゃないです。。。スラップサウンド。エリクサーが、いけなかったのですね。しかも、ロトサウンドで気になっていた指の引っかかりもなし!私にとって、エリクサーに何のメリットもなくなってしまいました。。。

実際、指、スラップだけでなく、まだまだピックでも弾く私。
ピックで弾いた時のビビりが気になって、店員さんに相談したところ、Atelier Zより少しテンションの高いDRを使ってみてはどうか、とのこと。
と言うことで、早速DRを使ってみました。ビビリは著しく解消することはないが、言われれば少なくなったような?というくらい(笑)
ただ、指やピックの引っかかり具合がこっちの方がよいので、これか以来、DRを使うようになりました。

そして現在に至ってます。
あまり、多くの弦は使ってないですね。ずっとステンレスですし、もっといろいろ試してベストなものを探しにまわってもいいかもしれません。

で、次は、フラットワウンドとか、テーパー弦とか、ニッケルとか、いろいろな弦に興味が湧いてたりします。とりあえずsadowskyの弦でも試してみようかと思ってます。


スポンサーサイト

弦 レビューサイト紹介
いろいろ調べ事をしていたら、すごいページを発見しました。

こちら↓
http://www.bgra.net/reviews/string-index.html

いろいろな弦の評価してるページです。全部英語なんですけど。。。
海外のサイトのためか、海外のメーカーの弦しか出てきませんが、わりと種類を細かく分けて記載されています。

ただ、評価はどれもだいたい”良い”となってます。。。まぁ、良いと思ったものはこういうところにも書きたくなってしまうでしょうから、必然的にそういう評価が多くはなると思います。

人が良いと言ったものが、自分にとって良いかはわからないのですが、こんな感じの弦だ!という客観的なことも書いてあるので、新しい弦選びの参考にされてはどうでしょうか。




テーパー弦
弦のブリッジの部分が芯だけになって細くなってるやつです。

楽器屋でベースを眺めてて、ずっと気になってました。

太い弦などでブリッジの溝と合っていない場合、面ではなく溝の角と弦が点で接することになります。
テーパー弦だと、ブリッジとの接点が細くなっていることにより、弦とブリッジが隙間なく接します。これにより、振動のロスがなくなるというわけですね。

また、ブリッジとの接点が通常の弦より高くなるため、弦高が同じ高さでもテンションを上げることができます。


弦高をギリギリまで攻めたい人や、テンションを強めにしたい人にお勧めです。



不良弦

よく「買ってみたら不良弦だった」ということを聞くのですが、実際私にはよくわかりません^^;

話を聞いたり、ネットでの書き込みを読んだりすると、弦がねじれてるとか、チューニングが安定しないなどと聞きます。

先日、リペアに出した時のことです。
リペア時に弦を持ち込んで交換をお願いしたのですが、受取時に店員さんに「これ、不良弦ですね。同じものを買って張りなおした方がいいですよ。」と言われました。

おっ!とばかりにここでくいついて聞いてみました。

弦を振動させた時に震動が奇麗に行われず、振動してる弦の間に上下に動いているものが見えます。この状態が不良弦の1つなのだそうです。

映像でどこまでわかるかわかりませんが、映像を撮ったので載せてみました^^





このような状態だと、多少ビビりやすくなるそうです。しかし、音程や音質には影響がないとのこと。
経済的なことを考えると、よほど気にならなければ変える必要はないかと思います。

これを聞いてから弦を張るたびに確かめるようになりましたが、4弦1セットのうち大抵1本は、この状態になっていました^^;







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。