Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Logitec LIC-iREC01とiPod nano 第1世代
前々回のエントリーのハンディレコーダーとして使えそうな iPod用アダプタの Logitec LIC-iREC01についてです。
一番問題にしていた、iPod nano 第1世代で使用できるかということですが・・・おそらく使えないです。


”おそらく”と書きましたが、ちょっと説明しますね。

まず、アップルストアに行って、この辺りのことについて店員に実際に聞いてみましたが、店員もよくわからないとのこと。
第1世代と第2世代との機能の差について聞いたら、市場でよく聞くような程度(外見やメモリサイズ等)しか知っておらず、商品の対応状況については「WEBで見てみましょうか」と言う状態。
その程度なら私でも調べられるなぁ、と思いつつ店員のレベルはこんなものだとう言うことだけがわかりました(笑)
「ボイスメモ」という機能自体も知らなかったみたいです。
でも、そんなソフトの細かいところまでは店員は知らなくてもしょうがないですよね。。。


次に、電気屋に行って、同じことを聞きましたが返答はアップルストアとほぼ同じでした。

でも、そこは実際に作動している商品が!!

残念ながらLogitec LIC-iREC01はなかったのですが、Logitec LIC-iREC01と同様にボイスレコーダーとして機能する、Belkin TuneTalk StereoBrightonnet M-IVOICE3 がありました。
早速、店員に断って、持っていたiPod nano 第1世代を装着!

ipodrecorder1.jpg



しっかりサポート外と表示されてしまいました^^;
TuneTalk StereoとM-IVOICE3の両方で試しましたが同じでした。

試した iPod nano 第1世代のファームウェア(ソフトウェア)バージョンは 1.3.1です。


ということで、同じ機能を提供する他の製品が使用できなかったので、LIC-iREC01も”おそらく”使用できないだろう、となりました。

いや~、残念。手軽に録音できそうなので試してみたかったのですがね。



スポンサーサイト

新しい宣伝方法?
買い物に行った先で、駅を出ると何やらドラムとベースの軽快なリズムが聴こえてきました。

よく見かける路上で演奏してるバンドですが、私好みなリズムを刻んでJAMってました。ギターの方はまだ準備中のようで、ドラムとベースだけでです。私もこれくらいやれればなぁ、と思いながらそのまま少し聴いてました。


路上演奏でもちろん物販もやってましたが、ちょっと気になる張り紙が。

 「メルマガ登録で、4曲無料プレゼント!」


個人的に斬新でした。こういう発想の宣伝方法は、聞いたことありません。。(もしかしたら、すでに割と行われてる方法だったり?^^;)
メルマガをやってるアーティストは知ってますが、無料で楽曲の配信はないですね。
路上で、演奏聴いてみてよかったら買っていってください、とか、ネット上に1フレーズだけ載せておく、と言うのはよくあります。

音楽以外のジャンルでは、サンプル配布するなど、こういう手法がとられることもあるかと思いますが、実際に自分の楽曲を無料で配布するとは。
聴いてもらってよかったらCDを買ってもらうというのは、音楽以外の商品と同様に理にかなってますけどね。




宣伝方法とは関係ないですが、「路上演奏禁止」の看板がある横で演奏してるのが、何とも言えず良かったです。(笑)




悩めるレコーダー
スタジオで簡単に録音できるハンディレコーダーが欲しい!

そろそろステップアップするために、自分の演奏を凹みながらもちゃんと聴かなきゃいけないと、最近よく思います。スタジオについてる録音機器でMDに録音をしてもいいのですが、やっぱり利便性を考えて、ICレコーダーのような、ハンディレコーダーが欲しいですよね。

ということで、吟味を始めたのですが、条件は

・バンド(主にVo,G,Key,B,Dr編成のロック系)のスタジオ練習をある程度高音質(ベースが聴き取れる)で録音したい
・ある程度の高音質を求めるので予算は2万くらいまでとするが、安いほうがよい
・どうせなので仕事の会議とかにも使いたい

と、言う感じです。

現状、候補に挙がったのが3つです。あぁ、迷います。電気屋さんは、電化製品のレンタルとかやらないですかね(笑)


・ZOOM H2
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/h2/index.php
実売価格は22000円程度。

ちょっと予算オーバーですが、やっぱり音響機器メーカーなので、バンドサウンドの録音は期待できそう。たぶん使わないですが、4chマイク録音なんかもあります。
だけどこの概観は、ビジネス向きではないですね。。。おもちゃっぽいですし。
オートレコード機能というのは会議にもってこいだと思うんですけどね。実際に確認で再生する時に、聞いてる時間が短縮できますし。
Vista対応です。


・OLYMPUS Voice Trek DS-40
http://olympus-imaging.jp/product/audio/ds40/index.html
実売価格は16000円程度。

マイクが着脱可能のようで、実際にスタジオ録音にはマイクは別売り4000円程度が必要のようです。
50MHzまでOKでベースも、まぁ撮れそうですね。もう少し低い周波数も録れて欲しいですけどね。
ICレコーダーのため、見た目はビジネス用まったく問題ないです。

こちらはVista未対応。Cubase LE の時のようにまた苦労をするのかと思うと、二の足を踏みますね^^;


・Logitec LIC-iREC01
http://www.logitec.co.jp/products/recadpt/licirec01.html
実売価格は6000円程度。
安い!^^

バンドなど大音量にも対応!と一応うたっていますが、iPodで録音?さすがにたかが知れてるだろうと思ってしまいますね。ちょっと信頼性に欠けます。
40MHzまで対応であり、一応低音も期待できそうです。

ビジネス用となると、講演会とかならいいですが、会議室にiPodを持って行くって・・・どうですか
ね^^; かなり考えちゃいますね。

これの最大のメリットはiPod周りの機能がフルに使えることでしょう。録音したファイルがiTunesで管理できるので、これはよい便利ですね。ファイルが二重管理にならなくて済みますし。
ただし、録音時間がフル充電で2~3時間という情報もあります。1時間高音質で録ると618Mになるようで、2時間の会議で1.2G。4GのiPod nanoユーザにはちょっと厳しいかも。。

さらに、一番の問題が、対応iPod nanoです。第2世代から対応、とあるのですが、私が持っているのは第1世代。。。う~ん、困った。少し調べると、他のサイトで第1世代から使えると記載してあるところもありました。どうも「ボイスメモ」という機能のあるiPodが対応機種のようです。

これについては、少し調査しないといけませんね。



ということで、おおいに悩み中です。。。



p705iμ ミュージックプレーヤー
携帯電話 Docomo p705iμを購入しました。けっこう前ですけど^^;

この機種の売りの1つとなっているがミュージックプレイヤーです。
携帯で音楽を聴いたことはないですが、どれだけのものかといろいろ試してみました。


一番最初に聴いた感想は 「あっ、普通に聴ける!」 でした(笑)

携帯から直接音を出した場合は、携帯のスピーカーがしょぼ過ぎて使えません。低音が全く聴こえないです。イヤホンで聴く分には問題ありません。

これは、トップ画面になります。

p705iu_sound1.jpg


曲の検索は、全曲、アーティスト、アルバム、ジャンル、プレイリストから行えます。これによりすぐに目的の曲にたどりつけます。


こちらは、実際の再生画面です。

p705iu_sound2.jpg


ボリュームは0~26と設定でき、街中や電車でも十分な音量が出せます。

再生モードとサウンド効果が設定可能です。
これらは、画面上に設定値が表示されています。

再生モードは以下の設定ができます。
 ・ノーマル
 ・1曲終了
 ・1曲リピート
 ・全曲リピート
 ・ランダム
 ・ランダムリピート

サウンド効果は以下の設定ができ、それぞれいろいろな効果があります。
 ・リ.マスター設定
  ON/OFF :これはいいですね。圧縮時にロストした高音を補うということですが、高音が強くなるというものではなく、各楽器がくっきりと聴き取れるようになります。iPodにもつけて欲しいです(笑)
 
 ・リスニング設定
  サラウンド :音に広がりが出ますが、音があからさまに変わります。歪んだ音を聴くのには適してないと思います。
  ナチュア1 :音全体にコンプレッサーをかけたような音ですね。全体的に痛いところが丸くなる感じです。決してこもる感じではないですね。
  ナチュア2 :ナチュア1の効果を強くした感じです。
 
 ・イコライザー設定
  ノーマル :通常のフラットな音です。
  S-XBS1 :ウーファーみたいな低音増加モード。これはよいです。高音楽器のくっきりとした音をあまり失わずに、低音だけが素直に増加します。音がこもることもないです。
  S-XBS2 :S-XBS1の効果を強めたものですね。
  トレイン :あからさまに高音を切っていますね。シンバルのシャンシャンした音が確かになくなってますが、音としてはメリハリがなくなります。


私が過去に携帯のミュージックプレイヤーを使用したことがないので、過去のものと対比は出来ませんが、p705iμに関しては、音質、機能共に十分だと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。