Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


unkie/8otto
けっこう前になりますが、unkieのライブに、またまた行ってきました。

対バンは8otto。

最近人気がどんどん上がってきているバンドらしく、興味津津でしたが、かなりインパクトのあるバンドでしたね。

まず、メンバー4人のそれぞれの髪型が、ロン毛、坊主、アフロ、アシメ!寡黙に、自分の世界に浸る人、楽器を捨ててマイクを奪う人、前に出て頭振って叫ぶ人。みなさん個性たっぷり(笑)そして、ドラムボーカルで、ドラムが前に出てきて、4人1列の配置!いや~、見た目にインパクト大でしたよ。

聴いたCDは、落ち着きながらも激しい曲が多かったですが、ライブで聴くと、ガンガンに暴れんばかりの演奏でした。ボーカルが聴こえづらいくらいに。。。特に、リズム隊である、ドラムとベースの、動き、演奏共に荒々しく、客にめいいっぱい曲をぶつけていました。

ドラムがメインでフロントということだったのですが、個人的には、窮屈そうに見えましたね。自分の周り180度内に無数ある打楽器達を叩きながら、首伸ばしてのマイクに食らいつく、そんな姿でした。殻に閉じ込められている感じ。立ち上がって叫びたくても、マイクは座った時に位置にあり、下を向いて叫ぶ。

あれだけ、外に発するパワーや個性を持っているのに、もったいないと思いました。

一番、衝撃的だったのは、ドラムが立ち上がって、別のマイクで歌ってる時に、なんと、ベースがバスドラを踏み始めたんですよ!

ドラムレスの状態から、このままでは締まりそうもないから、どうなるんだろう?と思っていたら、バスドらの音が・・・。その先に視線を送ると・・・ !!!!

今まで思いもつきませんでしたよ。こんなこと。
今度、やってみたくなりました(笑)


さて、unkie。

やっぱり、最高ですね。ちょっとお疲れ気味だったのですが、unkieのライブに行って、また、がんばるか!と元気づけられました。

でも、青木氏は、ちょっと練習不足?尻上りに、バンドの一体感が増してきてましたね。
皆さんご多忙なのでしょうが、個人的には、unkieに注力してもらえると、めちゃくちゃうれしいのですが(笑)

やっぱり、TOKIE氏はかっこいい。アップライト、反則です。Bodyのイントロのリフ・・・・ CDに収めてください!先週行った楽器屋に、Atelier Zの中古のアップライトが128000円・・・

今回は、客と絡むんだー!と城戸氏がよくしゃべってました。演奏中もよく煽りを入れてましたし。
でも、それってかなりいいかも。。。
ボーカルがいない分、だいぶ、ノリが客任せになってるので、一体感が出てますます、のめり込めそうです。

ある曲で、2小節ほど、中休み見たいに、ベースのみでルートを弾き続けるところがあるのですが、個人的には、それがベースの見せ場であると思ってます。そこで、周りは一息入れてる中、私だけ、キター!とTOKIE氏の方に腕を高々と上げたところ、TOKIE氏に気づけてもらえ、私をみて、わかってくれるね、と言った表情で笑ってくれました。と、ファンによくある勘違いと勝手な解釈をしながら、うれしい気分に。(笑)


3枚目のアルバム、そろそろ出ないですかね。。。



スポンサーサイト

お受験
とある試験に合格しました。
普段から、あまり更新のないブログですが、更新再開(!?)です。

Fender USA がお得!?
先日のエントリーに、Fender Japanの値段が上がって、FUJIGENをよく見かけるようになったことについて書きました。

同じように、Fender Japanの値段が上がったことで、別のとこでも、おいしい話が出てきたと思います。

それは、Fender USA。

この不況の中で、円高が進んでいますが、楽器点でちらほらと「円高還元」の文字を見かけるようになりました。輸入楽器の場合、円高のおかけで、元の買値が下がっているようですね。

この「円高還元」は、主に、F-BassやMTDなどのハイエンドベースによく見かけられますが、お店によっては、Fender USAでも「円高還元」によって、値段が下がっているところもあります。

今までは、16万~19万くらいだった、Fender USAが12万~13万くらいで売っているのを見かけました。

Fender Japan の値段が上がり、Fender USA の値段が下がっている。

ブランドや、値段で音が決まるわけではないですが、Fender を狙ってる人のはかなりお得な状況ではないでしょうか。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。