Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指板磨き
前回のフレット磨きに続き、今回は指板磨き、掃除です。

メープル指板は、塗装されてることが多いですが、ローズウッドなどの指板は無塗装なものがほとんどですね。なので、使ってると、より汚れが付着してしまいます。

あまり汚れていない場合は、レモンオイルなどで磨くだけでよいですが、今回のベースはだいぶ汚れていたので、まずスチールウールで大雑把に汚れを取っちゃいます。

スチールウールで磨くと、こんな感じに。スチールウールは000番を使ってます。(もっと細かい0000番がよかったのですが、売ってなかったので・・・)

shiban-migaki-01.jpg

かなりカスが出ます。。。最初やった時はビックリしましたよ。でも、これだけやっても全然平気です。
磨き終わったら一度掃除機で吸いました。。。


そうそう、スチールウールを使う場合に1つ重要なことがあります。
ネックを外して掃除を行わない場合は、必ずピックアップをマスキングテープで覆ってください。

指板の掃除とは直接は関係ないのですが、スチールウールで磨くと、スチールウールのカスもいっぱい出ます。ピックアップには磁石があるので、それにスチールウールのカスがくっつくと大変なことに。。。

心配なら、ネックを外した方がいいですね。


さて、後はクロスにレモンオイルをつけて指板を磨くだけです。クロスがめちゃくちゃ汚れまみれに。。。

こっちも注意事項が!

レモンオイルはつけすぎないで下さい。指板には適度な湿り気が必要ですが、過度な湿りはよくありません。音も変わるとい言いますし、最悪、フレットが浮いてくるそうです。

汚れがなかなか落ちないと、ついついいっぱいつけそうになりますが、ご注意を。


さて、磨き終わるとこんな状態になります。上が磨き前で、下が磨き後です。

shiban-migaki-02.jpg  shiban-migaki-03.jpg

全体的にな白く曇った汚れも、手アカなどの目立った汚れも奇麗に落ちてますね。レモンオイルを使ったことで、油分も足され木の黒さも締まって見えます。

これだけでも、かなり印象が変わりますよ。


スポンサーサイト

Schaller(シャーラー)のDチューナーペグ
ヤフオクで落札しちゃいました。

hipshot-schaller.jpg

SchallerのBMFLタイプ Dチューナー(Dドロップ?)のペグです。
Hip ShotのDチューナーがとても有名ですが、たまに、極たまに、SchallerのDチューナーを見かけてまして、とても気になってました。

買った理由は・・・ 見た目! だけです(笑)
機能は、全く同じなので。。。

今持ってるベースは、SchallerのBMFLのペグがついているのところに、4弦のペグだけHipShotのDチューナーを付けています。これが、SchallerのDチューナーになったら、なんか良くないですか!?4つのペグがSchallerに。。


このペグが欲しくて、ネットを調べてみましたが、Hip Shot以外のDチューナーは、私調べた範囲では、販売されていないようです。
このような、別メーカーのDチューナーはどう製造せされてるのでしょうか?OEM?
SadowskyのペグにもDチューナーのペグがありますが・・・ いったいどうなっているのだろうか・・・。


さて、音は・・? どうでしょうね^^;
付ける時に、一緒に弦も変えるつもりなので、気づかないかも。。。






Roto Sound(ロトサウンド)がお得!!
Roto Sound ユーザーに朗報です。

なんと、Roto Soundの弦が、安くなってます!
普段3000円くらいする弦が、1800円とかで売ってますよ!

Roto Soundっていままで、ライオンのパッケージがあまりにも有名だったと思いますが、最近そのパッケージが変わりましたよね。
私も弦を探していて、ない!?とちょっとあわてました。


こっちが以前までの有名なパッケージ。
rotosound-old.jpg

そして、最近新しくなったパッケージ。
rotosound-new.jpg


色も似てる感じがするし、66ってでかく書いてるけど、ライオンはどこ?
中途半端にパッケージが変わったので、Roto Soundのロゴを見つけても、これ、ぱちもんでは?と、疑ったくらいです(笑)


さて、何で値段が安くなったかと言うと・・・・ このパッケージが変わったおかげで、全然売れなくなってしまったんだそうです。なんとも・・・イメージとはおそろしい。

売れなくてはメーカー(代理店かな?)も困るので、メーカー側が、販促のために値段を下げたというわけです。なので、どこか特定に店舗だけではなく、どこに行っても安くなるようですよ。


まだ、Roto Soundを使ったことのない人でも、試してみるいい機会だと思います。



ウィル・リー モデル
ベースマガジンでウィル・リーの特集があり、そこで取り上げられていた、Sadowskyのウィル・リーモデル。

サドウスキーユーザとして、とても気になっていましたが、気づいたら、販売開始してたみたいですね。

http://www.sadowsky.com/instruments/will_lee_model.html

どうしても、紹介したくて、ちょっと画像も拝借。
#ユーザなので、ゆるしておくれ。。。

sadwl.jpg


ボディ :スワンプアッシュ(チェンバー)
指板 :メープル or ローズウッド
フレット数 :22
ペグ :サドウスキー + Dチューナー
ブリッジ :サドウスキー
ピックアップ :サドウスキー(シングルコイル)
プリアンプ :サドウスキーカスタム + ミッドブースト(500 or 800Hz)
コントロール :マスターVol、バランサー、Trebleブースト、Bassブースト、ミッドブースト on/offスイッチ、パッシブ切り替え


これ・・・欲しいです。ものすごく。
音を聴いたことないですが、スペック的にも、見た目にも、ほぼ私の理想通り!!
21フレット以上、Dチューナー搭載、ローズ指板、3バンドEQがサドウスキー仕様で登場。
見た目の2トーンのキルトメープルがたまんないです。。。縁取りの厚さが絶妙です。


気になるのは、ミッドの効き具合ですね。800と500ってどうなのでしょうか?
個人的に欲しいのは250がいいのですが。

日本の市場に並ぶのは、いつなのですかねぇ。
さぞ高いのでしょうが、触れてみたいですよ。。。是非とも。。。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。