Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


just A moment
結構、雑誌等で見かけてたこのバンド「凛として時雨」。
このバンド名に惹かれて、ずっと気になっていたのですが、やっと3rdアルバム、just A moment を聴きました。


just A moment
just A moment
posted with amazlet at 09.06.26
凛として時雨
SMA(SME)(M) (2009-05-13)
売り上げランキング: 610



勝手なロックな印象(妄想)だけで、一度も聴いたことのなかったバンドですが、ハイトーンボイスと気が狂ったようなシャウトとアニメ声だけが、第一印象として残っちゃいました。(ぉ、陰陽座・・・?) 曲よりも、そちらの印象が強すぎて、一瞬、えっ・・・・、って引いてしまいました。(笑)

ですが、友人も言っていましたが、聴けば聴くほど、良さがわかってきますね。

まず、楽曲自体がよく出来てますね。1番、2番を繰り返すような曲がほとんどなく、1曲の中でサビは決まってあるにせよ、曲の展開が多く、なめらかにそれが流れて行きます。曲中で、テンポも節目節目で変わっていたり、男女ツインボーカルの掛け合いも、絶妙です。男女の声の出入りにや、歌う場面が曲に抑揚をつけていますね。
気になったハイトーンボイスも、意外と曲にマッチして、世界観を出してたりもします。


各パートの役割もしっかりと決まっているようで、アルバムを通して、同じような感覚で聴いてられるものよいですね。歩きながら聴いてると、曲の節目に気づかなかったりもします。
どれも同じような曲、という見方もあるかと思いますが、このアルバムは、アルバム1枚で大きな1曲を聴いてる感じがします。似た曲の羅列、ということではなく。この辺りも曲の作りが良いからかもしれません。


ちょっと、今までにない印象だったのが、ギターのクリーン+ベースの歪みのマッチングがすばらしいことですね。もしかしたら、ギターはクリーンではないのかもしれませんが、ベースの歪が曲を震わしてる感がとても出ていて、その震えとは対照的な、線の通ったギターが対照的で、曲がとても綺麗です。

わりと、ギターとベースの両方が歪んでいたり、ギターがクリーンの場合でも全く別物として聴こえちゃうことが多いですが、それがなかったですね。

隙間を埋めるように、怒涛のごとく叩き続けるドラムと、地を這うベース。その上で独自の世界観で踊るギターとボーカル。(一部のハイトーンボイスを除いて(笑))とてもハマって行きそうです。


たまたまですが、今月のベースマガジンに、ベースの345(ミヨコ)のロングインタビューがありましたね。SCHECTER(シェクター)のシグネーチャーモデル(完全受注生産)を使ってるんですね。PJとJBがあるみたいです。歪みはサンズアンプとPD7のよう。
機材も紹介されてましたし、興味がある方は、読んでみてはいかがでしょう。


ハイトーンボイスはちょっと好みが出てしまうかもしれませんが、ロックが好きな人は、聴いてみるとよいかもしれません。


スポンサーサイト

ドンシャリに悩む
Atelier Z に Sadowskyのジャズべ。
持っているベースからしても、好きな音はどうもドンシャリの傾向があります。
確かに、楽器を選ぶときの基準が、スラップの音になっているのは確かですね。
プルの音が気持ちいいと、かなりそそられちゃいます(笑)

そして、ご多分にもれず、バンド内で音が埋もれることに悩みはじめました。

スラップの音が気に入ってベースを買ってしまいますが、バンドの中でスラップをするのは、0.5%くらい^^;
好きなベースの音と、やっている音楽がマッチしない現状自体が、いかがな状態かと(笑)


さて、そこでいろいろ解決方法を考えますが・・・


 ・足元にイコライザー
  ⇒本体が持ってないMidを上げても、解決できないのでは?

 ・3バンドEQ搭載
  ⇒Midのポジションが固定なのと、ザグリが必要になる。。。

 ・ピックアップ交換
  ⇒キャラは変わるけど、音抜けにはあまり影響なさそう

 ・指板をローズに変更
  ⇒指板をはぐ???

 ・ヘッドアップ購入
  ⇒小型のヘッドアンプが最近よくあるけど、出費と毎回の持ち運びが。。。

 ・Fat Finger装着
  ⇒やってみたけど、駄目でした

 ・Swing Chip装着
  ⇒う~ん、どうなんでしょう

 ・PJにする
  ⇒ザグる?

 ・本体買い替え
  ⇒結局はこうなるってしまうのか!?



ちょっとした改造から、乗換までいろいろありますが、もう一度、音作りや自分の音を確認しながら、慎重に動いていこうかと思います。





SOIL & "PIMP" SESSIONS TOUR 2009
ソイルのワンマンに初めて行ってきました。

とても盛り上がりました。真ん中あたりにいましたが、前に行って観るべきでしたね。(笑)
やっぱり社長のアジエート振りは、気持ちいいですよ。独特の曲と客の一体感を生むのは、社長がいるからこそでしょうね。

演奏が始まった、パッと気になったのが、ウッドベースのヘッドがなんだか冠のようになっていて、普通は付いていない、何か上に向かった長いものが付いているではありませんか。

最初は装飾かと思ってたのですが・・・Eより低い音がたまに聴こえるんです・・・。

良く見てると、曲中にカポタストを外すような仕草が・・・。そう、ドロップチューナーなんですよ。しかも、HIP SHOTのように、チューニングが緩むのではなくて、ファクターのような、指板が伸びてるタイプのやつです。
どおりで、上に向かって長くなってるわけです。

ソイルの踊る、盛り上がる曲もよいですが、ドラム、ベース、ピアノのトリオのJAMが演奏する曲がまた最高ですね。ソイルより、JAMのライブに行きたくなったくらい。
ドラムとピアノがメロディーや見せ場をこなす中、ずっとベースパートを弾き続ける、秋田ゴールドマン。めっちゃかっこいいです!
あれだけ、ソロでガンガン弾くようなプレーヤーの集まるバンドの中で、ベースも一緒にやっちゃうと、曲としてまとまらないのでしょうね。そのために、ずっと下を支えて弾き続ける。私には出来ないことです^^;

Pe'zもそうですが、ホーン隊がメインをはるバンドって、必ず、ホーン隊の中休みが入りませんか?ピアノの独奏があったり、リズム隊の演奏だったり。演奏がきついんのは、わかるのですが、ライブがワンパターンになってしまって、読めちゃうの残念ですよね。

ホーン隊にはちょっとだけがっかりでした。
出すのが難しい高い音を出すことが、印象に残る曲が多いのですが、ライブではそれが出ない。。。二人のユニゾンはバラバラ。。。曲中でも自分が弾かない時は、スタッフに水を持ってこさせる、酸素を吸う。。。
体調が悪かったなど、どうしようもない理由があったのかもしれませんが、見せ場で、ちょっともったいないことが多々。せっかく独特の魅力ある方々なので、もったいない。


後半、セッションで、個人個人にどんどんソロをまわすのですが、最後は客から社長コールが!
なんと社長のスキャットが炸裂です!
これは一番おどろきました(笑)でも、ちょっと短かった・・・。かっこ良かったので、もっといっぱいやってもらいたかったですね。

これだけ、自由に、その時に盛り上がりで演奏できるのって、本当に楽しそうです。私のそれくらいの技術とセンスを磨きたいと思いました。




やっぱりフェンダー?
久しぶりに、フェンダーのパッシブをスタジオに持って行きました。

一年ぶりくらいにその音を実感したわけですが、やっぱりよいのかも。
「よい」というのは、細かなセッティングをせずとも、バンドで適度な抜けがあり、他のメンバーも気に入ると思う、普段耳にするような音色が出る、という点ですね。

音をボーンと出して、「あっ、ベースっぽい」というのが、久しぶりな感想(笑)

エレキベース全体が、やはりフェンダーが基本となっていると思いますが、それを実感させられました。私の普段耳にしている音楽のベースの基本は、やっぱりフェンダーなのですね。フェンダーがベース業界を支配し過ぎでは!?(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。