Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


High-End BASS GUITAR SHOW
High-End BASS GUITAR SHOWに行ってきました。

highendbassguitarshow2.jpg


楽器屋で目にはしますが、なかなか手を出しづらいZON、MTD、ELRICKなどの海外工房系のベースが展示される展示会です。この手のベースは、工芸品みたいに奇麗でみとれちゃうんですけどね。

会場に行くと入口が暗くてわかりづらく、1Fは小さいライブハウスほどで、ほとんど人がいない状態でした。「予想以上に規模が小さいなぁ・・大丈夫なのか・・・この展示会・・・」とか思っていしまいましたが、「2Fもありますよ」と店員さんが。

早速行ってみると、おぉ!ずらりと並んでますねぇ!

highendbassguitarshow1.jpg


込み具合もちょうどいい感じで店員さんとゆっくり話すことが出来ました。いろいろしゃべりながら、1時間以上いたと思います。
なかなか普段手にすることができないのですが、展示会は宣伝が目的のなので、どんどん触らせてくれますし^^

その中で一番驚いたのが、スペックのバリエーションが多いので一概に言えないと思いますが、ZONの5弦(Low B)です。
何がって、通常の4弦(E弦)と変わらないくらいの”ハリ”がありました。テンションが高いという意味じゃないです。
私が今まで弾いてきた5弦は、指で弾いた時に大きく波を打つようなブオ~ンという感覚がありましたが、それがほとんど無いのです。実際にビビりはゼロです。かといって、弦高やテンションが高かったりというわけではありません。もちろん音はちゃんとLowBの太さが出ていました。

こういうところが、造り良い、というのでしょうかね。


今回展示されているような海外工房系のベースは多弦、3EQがやたら多いですね。4弦探すのが難しいくらい。あと、バルトリーニのピックアップがかなりの確率で搭載されています。
最近は、バルトリーニをベースに音を作っていくという話でした。EQもバルトリーニをモディファイすることが多いそうです。
EQって何をモディファイするんだろう?とか知識にない私にはチンプンカンプンですが^^; コンデンサーとか変えるのかな?

普段ジャズべばかり試奏してる私にとっては、こういうベースを弾けたのは大変よい経験でした。どれも、正装したような音?とでも言えばいいのでしょうか。それぞれに個性がありますが、落ち着いていて奇麗なまとまりあがりました。個人的にはELRICKちょっとエロティックな音が好みでしたね




会場を出て少し歩いていると、なんだかいいにおいが。。。

bangladesh_curry.jpg


なんと、バングラディッシュフェスティバル開催中!

ということで民族音楽を聴きながらカレーをお昼御飯にいただきました。
三角の春巻き(?)みたいなのは、売れ残ってるせいか、バングラディッシュ人と思われるおばちゃんが、おまけでくれました(笑)
これで800円。うまかったぁ。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/103-ddaa599d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。