Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エフェクターボード
2つくらい前のエントリーで書いた通り、次回のライブ見据えてエフェクターボード作ってみました!

effectorboard.jpg


ボードを作るにあたり、パワーサプライ、A/Bボックス、パッチケーブルとけっこう投資しました。

よく雑誌などでみますが、有名人のエフェクターボード紹介。
今月のベースマガジン(2009年1月号)では特集しており、かなり参考になりましたが、それと同じように、私の足元も紹介を(笑)

右上から時計回りに、◎Korg DT-7(チューナー)◎CUSTOM AUDIO JAPAN AC/DC STATION ver2 (パワーサプライ)◎Cranetortoise A/B box SEL-2(A/Bボックス)◎SansAmp Bass Drive DI(アンプシミュレーター)◎EBS UniChorus(コーラス)◎Roger Mayer VooDoo-Bass(オーバードライブ)◎BBE SONIC STOMP SONIC MAXIMIZER(エンハンサー)◎Hartke BASS ATTACK(プリアンプ)


音作りは、①クリーン ②歪み ③疑似ウッドベース の3つが使えるようにしました。

①ベース本体⇒SEL-2⇒SansAmp(OFF)⇒BASS ATTACK⇒SONIC STOMP⇒アンプ
②ベース本体⇒SEL-2⇒SansAmp(ON)⇒BASS ATTACK⇒SONIC STOMP⇒アンプ
③ベース本体⇒SEL-2⇒UniChorus(OFF)⇒VooDoo-Bass⇒BASS ATTACK⇒SONIC STOMP⇒アンプ

基本的な音作りはBASS ATTACKで作成してます。ライブのラインを想定して、スタジオでは、アンプのプリアンプは使ってません(アンプ裏のReturnに接続しています)。
SansAmpは歪みとして使用してます。
A/Bボックスは、①②⇔③の切り替え用です。
VooDoo-Bassは、オーバードライブとしてではなく、Driveを0、Fatnessをフルにして、音の角を取るような形で疑似ウッドベースとしてます。その時は一緒に、ベース本体の弦の下にスポンジも挟んでます。これでだいぶ雰囲気が出ます。UniChorusは、疑似アルコ用です。必要なタイミングで踏みます。


これで、エフェクターボードのサイズ 56cm×34cm にピッタリです。
作ってみてから思いましたが、持ち運ぶには結構デカイですし、思いです^^;



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/124-474a9323



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。