Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


四人囃子 × SOIL&"PIMP"SESSIONS
四人囃子 × SOIL&"PIMP"SESSIONS のセッションライブに行ってきました。

お目当ては SOIL&"PIMP"SESSIONS です。初ソイル!社長のアジエートと振りがすばらしいとの評判で、とても楽しみにしてました。

四人囃子は全く知らなかったのですが、ベースがあの佐久間氏なんですね。私はGLAYのプロデューサーとTop Dogブランドを作った、ということしか知りませんでしたが^^;


最初はソイルからでしたが、アジエーターの社長が、なんかの電子楽器(?)持ってて、ビックリ!ちょっと、予想外でポカンとしていまいましたが、徐々に期待してたアジエート振りが炸裂です。

観客を煽りまくりで、こっちもヒートアップしちゃいました。手を挙げて叫んで、予想以上に思いっきり、叫んだり歌ったり。
でも、もっとすごいと思ったのは、アジエーターの社長が指揮者のように、バンドをコントロールしてること。どのタイミングで、次の曲の展開していくか、次はだれがソロをするのか、客や全体の様子を見ながら、演奏をコントロールしてました。だからこそ、あれだけ盛り上がるのかと。
メンバーも、社長のことずっとみて、タイミングを見てましね。

でも、やっぱりJAMの3人が陰ながら最高にかっこいいかも。。。あれだけうるさい(!?)バンドの中で、秋田ゴールドマン氏のあの落ち着いた、やさしいベース。たまらないです。



四人囃子はずっと佐久間氏を見てました(笑)
赤いマッチングヘッドのジャズべでした。ヘッドはフェンダーっぽかったですが、ロゴは読み取れなかったので、定かではないです。アンプはTRACE ELLIOT(トレースエリオット)でしたね。

佐久間氏は、終始ピック弾きでした。しかも、そのピック弾き・・・すごいですね。アップテンポの曲を、ベースを抱え込むように激しくダウンピッキング!長時間の16分の連発をギターをかき鳴らすように、ベースを弾いてました。とても、白髪の生えたおじ様とは思えませんでした。

一切ぶれることなく、且つ主張するわけでもなく、全体をドライブさせていく感じです。
GLAYを特に聴くわけでもないですが、あぁ、この人あってのJIROなのだろう、と感じました。


最後は、四人囃子とソイルのセッションだったのですが、佐久間氏はギター(ジャガー)を弾いてました。演奏は圧倒的に音圧で、どっちかというと四人囃子がソイルに取り込まれてる感じでした(笑)


楽器の組み合わせって影響するのでしょうか。残念だったのが、完全にギターが埋もれて聴こえませんでした。トランペットとサックスがガンガン鳴ってて、それにかき消されたような感じでした。
せっかくなので、バランスよく聴けたらよかったですね。


なかなか珍しいイベントのライブに行けたのかと思います。かなり楽しめました。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/126-29e94f00



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。