Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Atelier Z JINO4

本気な一本が欲しくて出会ったベース Atelier Z JINO4 です。

bass_atelierz_jino4.jpg


---------------------------------------------------------------------
Neck : Meple 1P
Body : Ash 2P
Peg : Shaller BMFL
Bredge : Badass BassⅡ
Pickups : ATELIER Z Mucnitude4J + Seymour Duncan SMB-4A
Preamp : ATELIER Z EQ/M (Bass +18db 30Hz, Treble ±12db 4KHz)
Controls : Front Vol, Rear Vol, Bass(ブーストのみ), Treble(ブーストとカット),
ハムバッカー Vol, ミニスイッチにてJBタイプとハムバッカーのピックアップの切替
Rear Volノブを引き上げることで、アクティブからパッシブへの切替
---------------------------------------------------------------------

スペックは以下の通り。ハムバッカーの種類がHPと実際には違っているようですけど、小さいことは気にせず(笑)

Atelier Zのナローピックアップフェンスがついてましたが、ピック弾きもするので外しています。


Atelier Z M245 を買うかどうかを決めるために、試奏しに行ったのですが、M245がその店にはなく、そこにたまたまあったJINO4を代わりに試奏したところ…とても気に入ってしまった、と言う1本です。

M245を買うつもりだったのですが、JINO4があまりにも良く、一週間後には私に抱えられてました(笑)



JINO4 は、JINOこと日野賢二のアーティストモデルということで、ちょっと気が引けたのですが、JINOのトレードマークとなっているシースルーレッド(ボディカラー)ではなく、ナチュラルがとてもかっこよく惹かれちゃいました。

J-H-Jのスタイルのピックアップでハムバッカーが搭載されてます。ピックアップが3つも乗っていますが、ピックガードが黒なおかげが、見た目にもあまりうるささがありませんね。
個人的にはあまりハムを使うことはありませんが、レッチリなんかの時は役にたちますね(笑)JBで音が抜けにくい場合に使ったりします。


M245に搭載されているBartolini XTCTほどギラギラしてないですが、十分ドンシャリな音を出してくれるEQ-M。XTCTはBassもTrebleもブーストのみに対し、EQ-MはTrebleがカット出来ます。ここが気に入りました。ピック弾きもする私には、メープル+アッシュで明るい音が出る中でピックでさらに尖った音になるのはちょっと困りますが、Trebleをカット出来ることで十分対応出来ようになります。

お腹の中は通常のJBのザグリ内にピッタリと綺麗におさまってます。

bass_atelierz_jino4-2.jpg


高音がとても綺麗です。プルをしても全然いやらしくなく、ギラついた感じもありません。

造りは、全体的に70年代Fenderのスペックを去就してるようですね。ネックが普通のジャズベより太め(厚く)なってます。初めてこの太さを持ちましたけど、意外とこれが私にはピッタリでした。握りやすいし力の入り具合が良いせいか運指も楽です。

加えて、ボディの厚みが42mmあります。FenderのJBは38mmのようですから、少し厚めですね。おかげか、かなり剛健な感じがします。あのJINOの体格にはピッタリかも^^


目から鱗だったのが、弦からピックアップまでの隙間が狭いこと。
私はスラップでプルをする時に、ピックガードに当たるくらい深く指を入れてしまいます。この隙間が深いと指に掛かる弦が引っかかり過ぎてうまくプル出来ません。が、このベースのこの隙間は私にピッタリ!!!ストレスなくスラップが出来ます。ちなみに、1弦ネックエンド部分で9mm。

このことに、このベースを弾いて初めて気が付きました。おかげで、このベースを弾くようになってスラップが飛躍的に上達した!?かもしれません^^

弦高はベタベタに低くても十分なセッティングになってます。こんなに低くて大丈夫なんだ、ってくらい低いです。おかげで弦のテンションも低く、個人的にはピッキング、サムピング、プルがやりやすいですし、運指も楽です。


一生ものだと思ってます。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/144-29baa588



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。