Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Atelier Z M-345
今月のベースマガジンにも載っていた、Atelier Z のM-345を、さっそく試奏してきました。

第一印象は、あの70年代のFenderに使われている、コントロールノブが見にくい・・・ (笑)
慣れだと思いますが、どれくらいを指しているのか、全然わからない^^;


えっと・・・

音ですが、やっぱりいいですね。M-245に比べて、全体の周波数が低い方にちょっとシフトしたような感じ。ドンシャリの、ドンの方が気持よく出てきます。芯があって決して埋もれない音ですね。

私が以前、70年代のヴィンテージを試奏しまくって、この個体はすごい!と、店員さんと意気投合したベースと、似た印象を持ちました。
個体差はあると思いますが、めっちゃ重かったので、その辺も影響があるのかも知れませんね。


プリアンプのブーストの幅がデカイので、ちょっと回すだけでだいぶ音量が変わりますね。


個人的にすごくうれしいのは、裏のザクりが少ないこと!
単なるイメージなのですが、ザグりが大きいと、なんだか音も空洞ができるような気がして・・・。
実際に、私がわかるような範囲での音の影響はないと思いますし、エレキ楽器なので、木材の部分がなくても音はしっかりと出るのですが、なんとなくです。。。
新しいEQ/Jというプリアンプが、バルトリーニよりも小さいのでしょうね。



でも、なんでボディは3ピースなのでしょうか?
Z-PLUSの時は低価格ということで、そうだったのでしょうが、今回はなぜ?
良質の木材が手に入りにくくでもなったのでしょうか。。。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/163-65b4d583



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。