Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ZOOM B2.1u
音も載せたい!と思ったらやっぱりオーディオインターフェースが欲しくなってくる。
前から気になっていたのだが、ZOOM B2.1u というマルチエフェクター。
http://www.zoom.co.jp/japanese/products/b21u/index.php
マルチエフェクターに加え、オーディオインターフェース機能付き。実際にスタジオで音を出すときにはマルチエフェクターは使う気はないのだけどね。

・オーディオインターフェース単体と同等の値段
・オーディオインターフェース入門としてこれでもよいだろう
・マルチエフェクター入門としてこれでもよいだろう
・付属のDAW(Digital Audio Workstation)ソフト Cubase LE がよさそう

ってなとこで購入をしようかと思うしだいです。

オーディオインターフェースをほとんど見て回ったことがないが、ウン万はしたイメージ。そう思うと手ごろな値段かな。
DTM(Desk Top Music)のことも何も知らない。ということで、初めてのPCでの音楽作成ための環境として、とりあえずのオーディオインターフェースとソフト付きってのがいいではないか。このCubase LE ってのが評判がよいみたい。何でも説明書が200ページ以上あるくらいの機能搭載だとか。苦戦してる人もいるみたい。機能制限はいろいろあるのだがそれがどう意味しているかはわからない。意味がわかるようになったら次のもっと機能のあるソフトを買えばよいと思うしね。ベースもそうやって買ってきたし。
マルチでエフェクターの概略を勉強してコンパクトを買う!文章ではいろいろエフェクターの効果は書いてるけど、やっぱ聴いてみたい。そのための投資。かな。

1つ気になったのはレイテンシー(Latency)。”遅れ”という意味らしい。これが遅い(大きい?)とAパートを流しながら(聴きながら)Bパートを弾いて録音した際にAとBがズレて録音されてしまう。ソフトにあるのかオーディオインターフェースにあるのかわからないが、実際はそのズレを解消する設定が存在することが多いみたい。しかし、検索してみると”レイテンシーが遅いくて使いものにならない!”というのがあった。それでちょっと疑心暗鬼になってる。商品のページにはレイテンシーがないと記載されているので、使い方の問題なのかな。

ちなみに”オーディオインターフェース”をネットを検索すると、普通の音響用のものが多く引っ掛かる。録音用のもののみを的確にヒットできないものか。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/3-015035c9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。