Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京JAZZ 2007@Apple Store, Ginza  ~ 概要&今沢カゲロウ 編 ~
東京JAZZ 2007 の関連イベントとして、銀座のApple Store で”JAZZ"N"BASS SERIES Vol.1"が行われました。
出演者は、今沢カゲロウ、コモブチキイチロウ、日野"JINO"賢二のお三方です。最近ハマっている今沢カゲロウと、自分の所持しているベースのモデルとなっている日野”JINO"賢二が出演するということで、これは行くしかないですね、とばかりに行って来ました。しかも無料!!!(後述しますが、このライブが無料ってありえないですが。。。)JINOなんか普段のライブは1stage 4,5千円するのにですよ。コモブチキイチロウは、実は初めて聞く名前でした。

ライブが無料ということもあり、並ぶのだろうと思って少し早めに行って30分前に会場に到着しました。お店に入るとイベントがあるとは思えない普段通りの店の感じ。特に案内用の店員も誘導用の目印等もないのです。銀座のApple Store にホールなんかあっただろうか?と思いつつ店員さんにイベントのことを尋ねると、ちょっと困惑気味の様子。どうやら、店員さんもイベントのことについてはあまり詳しくないらしく、ホールだけ案内されました。非常階段のような階段を登ると、そこの数名の人が並んでましたが、その少なさにビックリ。
階段の踊り場のようなところで待たされていると、リハーサルをしている今沢カゲロウの演奏が漏れて聴こえてきました。おかげで退屈せずにすみました。

ようやく開場となり、ホールに入ると、100名弱ほどの座席と正面にスクリーンだけのホールでステージなどありません。普段は座学の講座やプレゼンに利用されるような場所なのでしょう。演奏向けに出来ていると思えませんね。
スクリーンの前のちょっとしたスペースにアンプ、楽器等々がセッティングされてました。私はその目の前の最前列に座れました!足をちょっと出せば返し用のスピーカーに足が届くくらい。足元のエフェクター等のセッティング機材も丸見えで、演奏者との距離もなんと1m程度!!!なかなかないですよ、こんなこと。同じ高さでの演奏を1mの近さで聴けるなんて。しかも、演奏者のすぐ後ろにあるアンプの音が直で聴こえます。さらに、近すぎる+楽器がベースだけと言うことで、演奏者の弦がフレットに当たる音、エフェクターのスイッチを踏んでる音などが直接聴こえました。演奏中の演奏者の声も。

そんな最高の席に座ってワクワクしながら周りを見渡すと、ん?以外に人がまばら。勇んで早めに来た私ですが、全然余裕があったみたいです。と、いうか、この面子なのにこれだけ?
今回のイベントは、東京JAZZの一環として行われライブなのですが、実は東京JAZZのホームページにもこのイベントの情報は載ってません。私がネット調べた結果、情報載っているのは4箇所だけ。各アーティストのライブスケジュールページと銀座Apple Storeのイベントページのみ。銀座Apple Storeのページに至っては9月にならないと載ってませんでした。
宣伝の量が少なかったせいなのか、あまり多くのお客は来なかったみたいです。まぁ、おかげで最前列でしたが


イベントの内容は、前半30分強が今沢カゲロウのソロパフォーマンスで、休憩をはさみ後半1時間程度がコモブチキイチロウとJINOによるベース2本の共演でした。全てベースだけによる演奏です。この3名は「PLAY JACO」という、ジャコ・パスリアスのトリビュートアルバムで共演をしているとのことでした。


いよいよ、イベントの始まりです。最初は、今沢カゲロウのソロパフォーマンス。全体を通すと、ライブDVD(もう見たのですが、まだレビューが書けてない。。)の内容を再現するような内容でした。もともと、DVDのプロモの一環ですしね。

まず、エンサイクロペディア・オブ・アートから。相変わらず圧巻のスラップですが、今回は目の前で演奏しているということもあり、弦を弾いてる音がバチバチと聴こえてきます。すさまじい。CDやDVDで何度と見てますが、やっぱりライブは違いますね。せっかく目の前なので、スラップを目で盗もうとするのですが、最小の動きしかしていないため、なかなかどこを叩いたのか見えなく、かつ、手は限りなくグーに握っているためプルの微妙な指さばきの様子がうかがえませんでした。よく見ると、サムピングもアポヤンドとアルアイレ(スラップでもこの言い方するのかは不明。。)を使い分けてるようで、こういうところが音の幅を広くしているのかもしれません。

1人オーケストラの説明でかえるの歌を弾いていましたが、あからさまにメロディの音が1つ抜けてしまっていました。これからずっとループ再生されるメロディです。この後どうなるんだと思ってみていると、そこはやっぱりプロ、全く慌てず、抜けた音を違う音色の音で埋めてしまいました。場数が違いますね。こんなハプニングがあると、思いもよらるアレンジなって面白いですね。

人間メトロノームも行われ、DVDでは写ってなかったメトロノームの数値が最前列だったのでハッキリ見えました(笑) 今回は155bpmでした。

演奏中、汗が指板に落ちること数回。年中、ライブをやっている方なので、楽器に与えるダメージも相当なものでしょう。よほどしっかりとメンテナンスしてるんですね。もしくは、moonのベースが頑丈なのかも?

形式的には最後と言って、ニンジャ・カミングを演奏。今回は、弾いてる途中に今のbpmを推測し、途中からメトロノームと共演してました。やっぱり、1bpmを聴き分けられるのだと感動。CDと違うパターンが聴けるのってライブならではでよいですよね。

最後はお決まりのアンコールでJaco曲を演奏して終わりました。残念ながら昆虫漫談はなし。(笑)相変わらず、ベース1本でお腹一杯にさせてくれました。

会場では、今沢カゲロウのアンケートが配られ、アドレスを書いておけば、今沢カゲロウが直接全員に一斉送信などせずに個別にメールをくれると宣言していました。メル友にもなってくれるとか。本当に個別で来るかどうか、アンケートに質問を書いておきました^^ どう回答が来るか楽しみです。



余談(?)ですが、DVDに登場していた生徒のアマモトくんも会場にいました。キングレコードのスタッフさんだったんですね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/57-3e72db38



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。