Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラムの入力  - Cubase LE -
ついに、DTM入門です。

まず始めに、ギターとベースは実際に演奏して入力して、ドラムは手入力で作成してみました。

ギターとベースの入力は、説明書どおりにやればすんなり録音できたのですが、ドラムの手入力するのに苦労してしまいました。^^;

説明書を見ると”キーエディタ”を使えて書いていますが、どうやってもそのキーエディタが開けません。ずっとグレーダウンされてるんです。
さらに、説明書の説明は、MIDIを外部機器から録音し、それに対して操作する説明が書いてあります。つまり、MIDIのデータが入力されている状態が前提になっています。

とりあえず、データが必要なのだと思いMIDI機器を接続せずに録音してみましたが、入力がないためか作成できません。

長い時間試行錯誤して、やっと見つけました!それが”鉛筆ツール”です。下の画像の右上のところのアイコンで選択できます。これを使って、まず、MIDIトラックに空のMIDIデータを作成するのです。作成された空データに対してキーエディタが使用できます。

これでやっと入力できました。。。

pentool.jpg



この方法は、ドラムだけに限らず、MIDIを手入力する際には必要になりますね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/59-8a9f404b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。