Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーディオインターフェースとして -ZOOM B2.1u-
ZOOM B2.1uはCubase LE等、DTMソフトを使用してオーディオインターフェースとして利用できます。ですが、マルチエフェクターであるZOOM B2.1uは、オーディオインターフェースとして使用したときに、エフェクターがかかってしまいます。つまり、オーディオインターフェース単体の役割は担えないのです。

ベースの録音をするときは、アンプのエミュレータもついているので、それでもまだよいのですが、ギターやMDからの録音したいときに、エフェクターがかかるのはいかがなものかと。。。

しかし、わざわざベース以外のためにオーディオインターフェースを買うのもまた、いかがなものかと。。。

ということで、ZOOMに質問してみました。
エフェクターを使わずに、オーディオインターフェースしてのみ動作させる方法がないのか?

回答は以下の通りでした。

--------
エフェクトをかけずに音を出す場合はバイパスモードをご利用下さい。

また、B2.1uはベース用マルチエフェクターですので、ギターやMDプレイヤーの録音をPC(DAWソフト)などに行なう際は別途、オーディオインターフェイスが必要になるかと思います。
--------

バイパスモード・・・。説明書を探しましたが、つまりチューナーです。
チューナーの状態で使えばエフェクターがかからないからそのままの音であると。なるほど。確かにチューナー時もペダルで音量が調整できます。チューナー時は音量がベースの音量そのものになりますから、かなり音量がさがります。

ベース以外は別途オーディオインターフェースを使用した方がよいということですが、この方法で問題なさそうです。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/77-ff1b0b81



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。