Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンプ直

ベースはアンプ直でOK!というのを良く聞きますよね。

最初は全然わからず、有名人はだいたいエフェクター使ってるし、いろんな音を出したいと思ってましたし、そうじゃないと出ないと思ってました。しかし、長年やってきてやっとその意味がわかってきたような気がします。

アンプ直にしない場合はエフェクターを使いますが、実際にベースをやっていて必要なエフェクターを揃えていくと、

 ・プリアンプ
 ・イコライザー
 ・コンプレッサー
 ・歪み、ワウ等の飛び道具系

等になるのではないでしょうか。

上3つをみるとベースに必要なエフェクターは音を補正するものですよね。しかもこの3つは、アンプそのものだったりしませんか!?
プリアンプはズバリアンプそのものですし、最低でも3バンドのイコライザーはアンプにあります。コンプレッサーは、アンプに付いている場合も多く、また、必要でなければ使なくていいものですし。

4つ目の飛び道具系のものだけは、アンプでカバーするのは難しいですが、飛び道具というだけあった、頻繁に使われるものではないので、基本的には、必要になった時だけ使い、この場合はアンプ直はできないとなります。

また、ベースの場合アクティブベースもあり、ベース本体でも十分に多彩な音づくりが出来るものもあります。

ベースアンプ自体もギターアンプ(マーシャルとJCしか知りませんが・・・)に比べて、機能が確実に多いです。
グラフィックイコライザーがあり、独自に周波数も調整できたり、コンプレッサー、歪み等があります。オクターバーなんかが付いているのもあります。

加えて、ベース音そのものはアンサンブルの中で、そこまで多種多様な音を必要としていないと思います。


というわけで、ベース本体とベースアンプにある機能をフル活用すれば、十分な音作りができるというわけですね。
なので、ベースはアンプ直でOK!となるのではないでしょうか。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://sakurasakuram.blog95.fc2.com/tb.php/84-89378454



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。