Lo-Fi でもいいんじゃない
プロフィール

さくらむ

Author:さくらむ
音楽、特にベースを中心に想ったことをだらだらと書いてくつもり。自分の確認の意味も込めて。細く長く。。。
 ・このブログについて
 ・免責事項



ブログ内検索



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


unkie/8otto
けっこう前になりますが、unkieのライブに、またまた行ってきました。

対バンは8otto。

最近人気がどんどん上がってきているバンドらしく、興味津津でしたが、かなりインパクトのあるバンドでしたね。

まず、メンバー4人のそれぞれの髪型が、ロン毛、坊主、アフロ、アシメ!寡黙に、自分の世界に浸る人、楽器を捨ててマイクを奪う人、前に出て頭振って叫ぶ人。みなさん個性たっぷり(笑)そして、ドラムボーカルで、ドラムが前に出てきて、4人1列の配置!いや~、見た目にインパクト大でしたよ。

聴いたCDは、落ち着きながらも激しい曲が多かったですが、ライブで聴くと、ガンガンに暴れんばかりの演奏でした。ボーカルが聴こえづらいくらいに。。。特に、リズム隊である、ドラムとベースの、動き、演奏共に荒々しく、客にめいいっぱい曲をぶつけていました。

ドラムがメインでフロントということだったのですが、個人的には、窮屈そうに見えましたね。自分の周り180度内に無数ある打楽器達を叩きながら、首伸ばしてのマイクに食らいつく、そんな姿でした。殻に閉じ込められている感じ。立ち上がって叫びたくても、マイクは座った時に位置にあり、下を向いて叫ぶ。

あれだけ、外に発するパワーや個性を持っているのに、もったいないと思いました。

一番、衝撃的だったのは、ドラムが立ち上がって、別のマイクで歌ってる時に、なんと、ベースがバスドラを踏み始めたんですよ!

ドラムレスの状態から、このままでは締まりそうもないから、どうなるんだろう?と思っていたら、バスドらの音が・・・。その先に視線を送ると・・・ !!!!

今まで思いもつきませんでしたよ。こんなこと。
今度、やってみたくなりました(笑)


さて、unkie。

やっぱり、最高ですね。ちょっとお疲れ気味だったのですが、unkieのライブに行って、また、がんばるか!と元気づけられました。

でも、青木氏は、ちょっと練習不足?尻上りに、バンドの一体感が増してきてましたね。
皆さんご多忙なのでしょうが、個人的には、unkieに注力してもらえると、めちゃくちゃうれしいのですが(笑)

やっぱり、TOKIE氏はかっこいい。アップライト、反則です。Bodyのイントロのリフ・・・・ CDに収めてください!先週行った楽器屋に、Atelier Zの中古のアップライトが128000円・・・

今回は、客と絡むんだー!と城戸氏がよくしゃべってました。演奏中もよく煽りを入れてましたし。
でも、それってかなりいいかも。。。
ボーカルがいない分、だいぶ、ノリが客任せになってるので、一体感が出てますます、のめり込めそうです。

ある曲で、2小節ほど、中休み見たいに、ベースのみでルートを弾き続けるところがあるのですが、個人的には、それがベースの見せ場であると思ってます。そこで、周りは一息入れてる中、私だけ、キター!とTOKIE氏の方に腕を高々と上げたところ、TOKIE氏に気づけてもらえ、私をみて、わかってくれるね、と言った表情で笑ってくれました。と、ファンによくある勘違いと勝手な解釈をしながら、うれしい気分に。(笑)


3枚目のアルバム、そろそろ出ないですかね。。。




あっち側
参加してるサークル(?)のライブがあり、3バンドに参加しました。

live_0901xx.jpg


年に1度くらいのスパンで開催してるのですが、今回はかなり満足いく内容でした!
もちろん、反省することもたくさんありますけどね(笑)

最初に演奏したバンドは、かなり浮足立ってしまいましたが、あの緊張感が逆にライブやってる感があってよかったですよ。個人的なキメたいところは割と良く出来てましたし、初挑戦!?のコーラスも、いい反省になるような微笑ましい状態だったので、次回に向けてのいい課題になりました。

自分のスタイルというものがやっぱりあるのでしょうか。コピーしかしてないのですが、なんの不安もなく、指も体も自然に動く、そんな演奏が今回は出来たバンドがありました。
これが自分を表現する、ってことなんですかね?自然体ですごく気持ちがよかった。
たぶん、自分だけではなく、一緒にやったメンバーとの独特グルーヴ感もあって、そう感じれたんだと思います。
前に書いた、あっち側に、ちょっとだけいる気分でした。

おかげか、けっこう褒められちゃいました^^
何故かバーテンのお姉さんに、褒められちゃいました。

割と(?)ベースは力入れて頑張ってるので、その結果を褒められると、素直にうれしいですね。励みにもなります。


終わってから、ライブが楽しかったと、メンバーが言ってくれたのが一番うれしかったかですかね。やっぱり、音楽は楽しまないと。楽しんで仲間と一緒にやれるのが最高なんですよね。


ちなみに、曲を切り貼りして作ったSEは、PAさんに「これが一番かっこよかった」と褒められました。

さて、次のライブはいつかな?早く、またステージに立ちたいものです。



四人囃子 × SOIL&"PIMP"SESSIONS
四人囃子 × SOIL&"PIMP"SESSIONS のセッションライブに行ってきました。

お目当ては SOIL&"PIMP"SESSIONS です。初ソイル!社長のアジエートと振りがすばらしいとの評判で、とても楽しみにしてました。

四人囃子は全く知らなかったのですが、ベースがあの佐久間氏なんですね。私はGLAYのプロデューサーとTop Dogブランドを作った、ということしか知りませんでしたが^^;


最初はソイルからでしたが、アジエーターの社長が、なんかの電子楽器(?)持ってて、ビックリ!ちょっと、予想外でポカンとしていまいましたが、徐々に期待してたアジエート振りが炸裂です。

観客を煽りまくりで、こっちもヒートアップしちゃいました。手を挙げて叫んで、予想以上に思いっきり、叫んだり歌ったり。
でも、もっとすごいと思ったのは、アジエーターの社長が指揮者のように、バンドをコントロールしてること。どのタイミングで、次の曲の展開していくか、次はだれがソロをするのか、客や全体の様子を見ながら、演奏をコントロールしてました。だからこそ、あれだけ盛り上がるのかと。
メンバーも、社長のことずっとみて、タイミングを見てましね。

でも、やっぱりJAMの3人が陰ながら最高にかっこいいかも。。。あれだけうるさい(!?)バンドの中で、秋田ゴールドマン氏のあの落ち着いた、やさしいベース。たまらないです。



四人囃子はずっと佐久間氏を見てました(笑)
赤いマッチングヘッドのジャズべでした。ヘッドはフェンダーっぽかったですが、ロゴは読み取れなかったので、定かではないです。アンプはTRACE ELLIOT(トレースエリオット)でしたね。

佐久間氏は、終始ピック弾きでした。しかも、そのピック弾き・・・すごいですね。アップテンポの曲を、ベースを抱え込むように激しくダウンピッキング!長時間の16分の連発をギターをかき鳴らすように、ベースを弾いてました。とても、白髪の生えたおじ様とは思えませんでした。

一切ぶれることなく、且つ主張するわけでもなく、全体をドライブさせていく感じです。
GLAYを特に聴くわけでもないですが、あぁ、この人あってのJIROなのだろう、と感じました。


最後は、四人囃子とソイルのセッションだったのですが、佐久間氏はギター(ジャガー)を弾いてました。演奏は圧倒的に音圧で、どっちかというと四人囃子がソイルに取り込まれてる感じでした(笑)


楽器の組み合わせって影響するのでしょうか。残念だったのが、完全にギターが埋もれて聴こえませんでした。トランペットとサックスがガンガン鳴ってて、それにかき消されたような感じでした。
せっかくなので、バランスよく聴けたらよかったですね。


なかなか珍しいイベントのライブに行けたのかと思います。かなり楽しめました。






1年ぶりのライブ
友人に誘われ、企画バンドでライブをしました。

ライブは1年ぶり。

いや~、やっぱりライブはいいですね。最近は、ステージの下が多かったですが、ステージの上もやっぱりいい。あの独特の緊張感と、爆音とお客さん。今回は、フロントマンがかなり魅力的な人だったので、お客もノリノリで楽しかったですよ。

お陰さまで、けっこう評判だったみたいです。

今回は、なかなか成長を実感出来るライブでしたね。
間違えたらどうしよう、という不安もなかったですし、実際に間違っても、それを瞬時に対応出来たりと、自分でもビックリでした。音作りも、今までで一番理想に近い音が出せたと思います。

ただ、今回のライブハウスは、やたらベースの音がデカかったですね。ちょっとうれしいような、恥ずかしいような(笑)



あらためて不便だと思ったのは、バンド入れ替え時のエフェクター類の持ち運び。今回3つのエフェクターを使いましたが、ベース本体片手に、エフェクター3つ+チューナー+シールドって・・・。楽屋で、エフェクター出し入れするのも、人と荷物で溢れかえってるので、一苦労ですし。

ってことで、エフェクターボードを初めて作ろうと思います!今回のライブで踏ん切りがつきました。


ライブに来てくれたみなさん、本当にありがとうございました。今度は是非、イベント自体も楽しんでいってもらえればと思います!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。